初心者がFXで100万円を10倍にするブログ

投資で1000万目指して勉強・実践・試行錯誤します

ローソク足は知れば簡単で便利だった。基本から学んでチャートを読む

f:id:haniwapock:20190303144719p:plain

f:id:haniwapock:20190303144738p:plain

こんにちは、白黒はにわです。

FXを始めるべく、ゼロから勉強している超初心者です。

↓現在の状況はこちら↓

現在のステータス【初期費用100万円⇒現在100万円】

  • デモ口座で取引方法とチャートの見方を練習中

FXを始めるに当たって、チャートについて学び始めました。

ケーキの上ではなく、チャート上に並べられたローソクはなんだか難しそう。FX初心者である私の疑問は「ローソク足ってどうやって見るの?」です。

 

答えは「一番上が高値、一番下が安値、箱の上下は始値と終値を表す」ですね。

ローソク足は分かれば簡単。そして便利なんですね。

 

株主優待目当てでちょっぴり株を売買していた時から、ローソク足の存在には気づいていたのですが難しそう…と勉強することすら放棄していました。こんなに簡単で便利だったなんて、食わず嫌いは損しますね、反省反省。

 

ということで、本記事では「ローソク足」の基本的な見方と、チャートに並ぶローソク足の使い方をまとめます

初心者である私の勉強ノート代わりに記しますので、同じ疑問を持っている方はどうぞ読み進めてください。

 

ローソク足の見方は簡単で、知ってしまえば便利なもの

箱(実体)と棒(ひげ)からなる「ローソク足」は、高値・安値・始値・終値の四つを表しています。

1分足を例に図を描いてみました↓

f:id:haniwapock:20190303151203p:plain

1分の間にも為替は上がったり下がったりと動き続けています。1分間の動きを一つの図にしたのが1分足のローソク足です。

棒の一番高いところは一分間で一番高かった「高値」、棒の一番低いところは一番安かった「安値」を表します。

 

箱の上端と下端は、1分間が始まった時の「始値」と終わった時の「終値」を表しています。

始値<終値の場合は箱の下端が始値になりこの様なローソク足を「陽線」と言います。

始値>終値の場合は箱の下端が終値になって「陰線」と呼ばれます。

 

陰線と陽線は色違いであらわされることが多く、上図のように赤と青だったり、白と黒だったりとチャートによって色は異なります。

 

ローソク足は簡単に言うと「生きている」

ローソク足の基本が分かったところで、チャートを眺めてみました。するとローソク足は、相場と一緒に動くため、生き物のように見えてきました。

f:id:haniwapock:20190304092423p:plain

一般的にFXのチャートは横が時間軸で、左から右に時間が流れます

一番右にあるローソク足は「今」を表しているのです。確定しているのは「始値」だけなので、高値と低値が更新されるたびにひげが伸びたり箱の色が変わったりと動いているのです。

 

ローソク足の見方が分かれば、チャートを見るだけでも結構面白いものなんですね。

 

ローソク足の理解は簡単だけど使いこなすのは簡単でない

ローソク足の基本的な見方は簡単ですが、使いこなすまでは簡単ではなさそうです。

チャートは時間軸を変えることが出来ます。

f:id:haniwapock:20190304094610p:plain

5分足は、1分足の5本分を1本にまとめたものです。1本のローソクが表す時間によって、1分足、5分足、15分足、1時間足と変わり、チャートは時間軸を変えて表示することができます。

 

大事なのはここから。

時間軸を変えると、見えてくるものが変わるんですね。

自分がどれくらいの時間でトレードしたいかによりメインで利用する時間チャートは決まってきそうですが、それだけでなく時間軸を変えて流れを見ることも重要なんですね。

 

また、チャートは眺めるだけでなく「分析」しなければ先を予想できません

ローソク足の基本は簡単でしたが、使いこなすまでの道のりはまだまだ長そうです。

 

まとめ

ローソク足は、高値・安値・始値・終値を一つであらわす便利なものです。チャートの右端は今を表すため、相場とともに動いていて生きているように見えます。

ローソク足は、時間軸を変えて見ることで全体の流れなどを見ることができます。ローソク足の基本は簡単でしたが、使いこなすのは簡単ではなさそうです。