初心者がFXで100万円を10倍にするブログ

投資で1000万目指して勉強・実践・試行錯誤します

超初心者にデモトレードは必要!?デモトレードでやることをまとめる

f:id:haniwapock:20190310111857j:plain

f:id:haniwapock:20190310111912p:plain

こんにちは、白黒はにわです。

FXを始めるべく、ゼロから勉強している超初心者です。

↓現在の状況はこちら↓

現在のステータス【初期費用100万円⇒現在100万円】

  • デモ口座で取引方法とチャートの見方を練習中

FXについて調べているとデモトレードは初心者にオススメする方もいる一方で、初心者にはオススメしないと書かれている記事も見かけます。そこでFX初心者である私の頭に浮かんだのは「FXのデモトレードは初心者に必要ないって本当?」という疑問です。

 

答えは「No」。ただしこれは私にとっての答えです。

デモトレードにはメリットとデメリットがあります。そのデメリットを考えると初心者こそデモトレードを介さず実践で学ぶべきというのが初心者にオススメしないと書かれている理由です。

これは「初心者」には当てはまるのかもしれませんが、私のような「超初心者」にはデモトレードのメリットの方がはるかに大きいので該当しないのです。

 

本記事では、デモトレードの超初心者にとっての必要性と、デモトレードでやることをまとめます。

初心者の勉強ノート代わりにまとめますので、同じ疑問を持った方はどうぞ読み進めてください。

 

 

FXのデモトレードは簡単な口座開設でFXを疑似体験できる

f:id:haniwapock:20190310113842j:plain

FXのデモトレードとは、FX取引を疑似体験できるものです。

デモ口座では実際のお金は使いません。「仮想」のお金で、実際の環境と同様のツールを使って取引を行います。つまり、無料でFX取引の練習を出来るのがデモトレードです。

もちろんデモトレードで資金が増えてもお金にはなりません。

(デモトレードで上位の方に賞金がでるキャンペーンが実施されることもあるようです。初心者の私には関係なさそうですね。)

 

FX会社の中には、デモ口座を用意している会社としていない会社があります。

私が現在利用しているのは、DMM.comのデモ口座です。

 DMM.com証券

デモ口座開設に必要な情報はメールアドレスだけで、ニックネームとパスワードを設定すれば、簡単にそして直ぐにデモトレードを始めることができます

 

FXデモトレードは緊張感が本取引と違うが勉強と練習ができる

f:id:haniwapock:20190310114031j:plain

デモトレードにはメリットとデメリットがあります。

デモトレードのメリットは、ツールの使い方や取引を実際に体験できること。自分の貴重なお金を減らすことなく、タダで勉強と練習ができるんですね。

 

デモトレードのデメリットは、本取引と違う部分があること。本取引とは約定率が異なったり実際のお金が動かないという違いがあります。自分のお金が動かないので緊張感が出にくいんですね。

本取引ではお金が増えたり減ったりするためメンタル維持が重要ですが、そのメンタルを体験できないことが「デモトレードは初心者に必要ない」と言われる所以です。

 

少額通貨単位から始められるFX会社は、デモ口座を用意していないところが多いです。これは、デモトレードではなく少額からでも本取引で実践を通して学べということのようです。

 

メリットとデメリットを並べて自分に照らし合わせたところ、初心者向けの本を一冊読んだだけの超初心者にはデモトレードが必要と分かりました。

今の状況で本取引を始めるのは、海の知識もないのに世界一周船旅に出るぞと意気込んで、手作りのいかだに食料だけ積んで一人で海へ乗り出すようなもの。結果は目に見えています(^^;)

 

超初心者が本取引前にデモトレードでやること

f:id:haniwapock:20190310114354j:plain

デモトレードのメリットとデメリットを把握した上で、超初心者である私には必要性が高いと分かったので、ここではデモトレードで行うことをまとめます

 

デモトレードで超初心者の私がやることは、4つ。

この4ステップを踏んで、FXで戦う準備を整えてから本取引を始めようと思います。

  1. FX専門用語を身に着ける
  2. FXツールの使い方を覚える
  3. FXチャートの分析を学ぶ
  4. FXの戦略を練る

デモトレードでFX専門用語を身に着ける

始めのステップでは、本で「知った」FX専門用語をデモトレードを通して「身に着ける」ことを目指します。

初心者向けの本では、FXの基本を学びました。FX初心者にとっては、覚えるだけでも大変と感じるFXの専門用語。注文方法1つとっても「ストリーミング」「OCO」「IFD」など、頭では理解できた気になっても、どう使うのかはやってみないと分からないところ。

それらをデモトレードで実際に使いながら身に着けていこうと思います。

 

デモトレードでFXツールの使い方を覚える

2つめのステップでは、デモトレードでFXツールの使い方を覚えます。

チャートはどうやって出すのか、注文はどこを押せばできるのか、今のポジションはどこで見られるのか。これはツールをいじってみないと分かりません。

 

デモトレード練習真っ最中の私は、最初、新規注文と保持しているポジションに対する注文方法が違うことさえ分かりませんでした。そのため、保有している買ポジションを決済しようと思ったら、間違えて新規売りポジションを立ててしまいました(笑)

恥ずかしながら、超初心者ってこんなもんなんです(*^^*)デモ口座様様です。

 

自分でツールを操作してみて、使い方と感覚を覚えていこうと思います。

 

デモトレードでFXチャートの分析を学ぶ

3つめのステップでは、テクニカルツールを利用してチャートの分析方法を学びます。

テクニカルツールの概要も本で学びましたが、チャート上で見てみないと使えるようになりません。各ツールの使い方やチャート上の動きを学んで、分析方法を身につけようと思います。

 

デモトレードでFXの戦略を練る

最後のステップは、自分のFXトレードスタイルを決めて勝つための戦略を練ります。

自分の生活と目的に合ったトレードスタイルを決め、適格な目標を決め、そしてトレードルールを決めます。

 

ここまで出来れば自分のお金を投じて本取引に入る準備が整うかと思います。

 

まとめ

FXの疑似体験ができるデモトレードのメリットはツールを利用して自分のお金を使わずにFX取引を体験できることです。

デメリットは自分のお金ではないため緊張感がないことで、そのため初心者にデモトレードをおすすめしないという方もますが、自分のような超初心者にはメリットの方が大きいのでデモトレードを大いに活用しようと決めました。

デモトレードでは、基本の理解から自身のトレードスタイルを決めるところまで行うことを目標としました。

 

手作りいかだではなく、相応の船と航海術を身に着けてから出航すれば、大きな目標でもいつか達成できると信じてお勉強を進めて行こうと思います。